粂崎穏郁のうちゅうビジネス日記

脱毛後の肌が赤くなるのは刺激に対する当

読了までの目安時間:約 3分

 

脱毛後の肌が赤くなるのは、刺激に対する当然の変化ですので、常温程度で構いませんのですぐに水で冷やすか、風をあてるようにするとおさまってきます。また、パックの保冷剤を使うときは、包んだタオルで皮膚がこすれないように気をつけてください。肌のほてりや赤みは炎症のせいなので、汗をかかないよう、患部を清潔に保って冷やすことが大事です。きちんと処置していても赤いのが治まらないときは、そのままにせず、皮膚科のお医者さんに相談してください。化膿したり、乾燥してひび割れてきたり、悪化してきた場合は、そのままにしたり、自己流で対処せず、病院で医師の診察を受けなければいけません。日常的にピルを使用していると特に医療脱毛が認められていないということはありませんが、色素沈着が起こりやすいというリスクがあることをご存知でしょうか。しかしながら、確率的に見ればそれほど高いわけではないので、あまり気にしなくても大丈夫です。もし、万が一、安心できないなら施術前にカウンセリングスタッフに問い合わせすることをおすすめします。おうちで使える脱毛器は、いずれカートリッジ交換をしなくてはいけないものもたくさんあるため、買う時に気をつけなくてはならないでしょう。ランニングコストを無視して購入するとムダ毛の脱毛が困難になります。一方、カートリッジ交換が無いタイプの脱毛器が優れているのかといえば、本体自体の交換が必要になるので何度も使用することでコスト高になります。ケノンという脱毛器をご存知でしょうか。一般的な知名度は低いかもしれませんが、楽天の脱毛器ランキングでナンバーワンの座を3年以上(160週間以上)キープしているという超人気機種なんです。製品は安心の日本製。長く販売されている間に改良を加えてきているのでコスパがたいへん高く、光の当たる範囲を広くして施術の手間を減らしたり、狭くして細かな部位に対応することも可能です。充電式でなく安定した駆動ができるようにコンセント式を採用しているので、機能はフルなのに本体はとても軽く、集中して時間をかけて脱毛したいときや、ヘッドがうまく届きにくい部分の脱毛も、容易になっています。肌質や部位に応じて強いワンショットと6連射が選べるのと、照射面積の調整が可能なので、脱毛できる箇所がこれ1台ですごく多いのも、売れている理由のひとつでしょう。フラッシュ脱毛は一般的に光脱毛と呼ばれており、エステの脱毛コースに加えて脱毛サロンでも最も使用されている方法です。肌に特殊な光を照射して、肌の奥のムダ毛を作り出す発毛組織に働きかけダメージを与え光脱毛器は家庭用のものもありますから、光脱毛を自分の手で行うことも可能でしょう。レーザー脱毛より少ない痛みで、色素の薄い毛にも反応してくれるのが最大の特徴です。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed