粂崎穏郁のうちゅうビジネス日記

比較してみると医療脱毛の方が脱毛サロンやエステで

読了までの目安時間:約 3分

 

比較してみると、医療脱毛の方が脱毛サロンやエステでの脱毛よりも痛いと有名で不安を感じますが、使用するレーザーの種類を変えることにより痛みの強さを変えることができます。痛いのが怖かった人も、痛みの少ない脱毛クリニックに一度お試しで行ってみるといいでしょう。局所的に冷却しながらレーザーを照射すれば、驚くほど痛みをほとんど感じません。もし、医療脱毛を選択すると脱毛サロンやエステに通うよりも通う日数が少ない日数で行えます。どれくらいで満足するかにもよってきますが、普通であれば6回程度の施術を行うと、仕上がりに満足できるでしょう。単発の施術よりも複数回まとめての施術の方が料金を抑えることができる場合がほとんどなので、目安は6回ほどにして施術を受けるといいかもしれません。最近になって、料金の設定を時間単位で行っているクリニックの数が右肩上がりです。実際、医療脱毛というとその印象として「費用が高い」というのがありますが、レーザーの照射を30分間、継続して行うといったプランなら、気がかりな箇所すべてを脱毛できるという可能性も出てくるかもしれませんね。腕であればこの程度で十分だけど、脇とか脚の方はもう少しお願いしたいな、などという時にも使い勝手がいいでしょう。日常的にピルを使用していると普通は医療機関での脱毛施術ができないということはないでしょうけど、肌への色素沈着を起こしやすくするリスクを伴います。とは言っても、確率的にはそんなに高い確率ではないため、そんなに心配しなくてもいいといえます。もし、不安があるならば施術を行う前にスタッフに問い合わせすることをおすすめします。「ソイエ」はパナソニックが販売している家庭用の脱毛器です。光や電気で毛根に作用するのではなく、ムダ毛をからめとって抜くタイプなので、慣れないうちはかなり痛さを感じるようです。敏感な部位への使用は難しいでしょう。複数抜くので、毛抜きの脱毛に比べたら便利です。肌をおさえて毛だけを立たせて抜くので優しい脱毛だと謳っていますが、絡め取って脱毛するので、あとで肌に血がにじんだり、刺激が強すぎて再発毛したときに埋没毛になってしまったりといったデメリットもあるようです。ただ、脱毛器としては手軽な価格であることもあり、同社の美容家電の中ではロングセラー商品のひとつに入ります。愛用している人も多いのでしょう。繰り返し脱毛することで痛みが軽くなってくるそうです。減る前の痛みがどのくらいかは、使ってみなければわかりません。ある程度の覚悟があれば、使用できるかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed